SkypeとWeb会議にはどのような違いがあるか

SkypeとSkype以外のWeb会議にはどのような違いがあるのでしょうか。

Skypeの特徴と他のWeb会議の方向性の違いを交えて説明します。

 

■Skypeは元々Web会議システムではなかった

SkypeもWeb会議のツールとして活用されていますが、元々は音声通話やチャットを目的としたツールとして発展してきました。

音声や映像のやり取りをするには、マイクやWebカメラが必要ですが、最近は最初からマイクやカメラがついているPCがあります。

アプリを使えばスマートフォンやタブレットでも利用できます。

Skypeは特に1対1でのやりとりに優れているといわれています。

一方、その他のWeb会議のシステムは、最初から多人数でのやりとりを目的としてきました。

 

■Skypeを導入するメリット

Skypeは無料で利用できるサービスで、複雑な設定も必要なく、気軽に導入できます。

試しにやってみたいという時や、大規模のWeb会議システムを導入する必要がない小さな事務所や個人では十分な性能です。

本格的にWeb会議を利用したいというときでも、Skype for Businessという有料版があるので、移行もスムーズにできます。

他のWeb会議システムの料金プランは複雑ですが、Skype for Businessはユーザーベースで料金体系が判りやすいのもメリットといえます。

 

■Skypeを選ぶなら

いずれのサービスも、それぞれに得意不得意があります。

SkypeとWeb会議のどれを導入するかは、映像や音声の品質や導入のしやすさ、機能、操作性で比較すると良いでしょう。

すべてに優れたサービスにはそれなりのコストがかかりますので、何を優先するかで選ぶようにしてください。

導入のしやすさを重視するなら、Skypeを選ぶのをオススメします。

PCもスマートフォンも無料のアプリケーションをダウンロードして、少し操作するだけで使えるようになります。

 

 

いかがでしたでしょうか。

Skypeは導入が簡単であること、無料版のコストが極めて軽いことなど、ちょっとしたWeb会議に使うには申し分ない性能です。

もし本格的にWeb会議システムを導入したい場合は、Skype for Businessや他のWeb会議システムを検討してみて下さい。