Skype使用時に1台のPCからヘッドセットを複数接続は可能か

ひと昔前は「テレビ会議」というモニター越しの遠隔会議が一般的でしたが、インターネットの普及により時代はSkype会議へとシフトしています。

そんな便利なSkypeですが、Skype使用時1台のPCからヘッドセットを複数接続するのは可能でしょうか?

Skype使用時のヘッドセットの接続方法

ヘッドセットを使ってSkypeを行う場合は、パソコン用のヘッドセットを利用します。

パソコンのヘッドセットには「マイク用」と「スピーカー用」のコネクタがついているのが基本で、USBプラグタイプとミニジャックプラグタイプに分かれます。

USBプラグはパソコンに付属しているUSBジャックに差し込んで使用します。

ミニジャックプラグはメーカーごとに仕様が違いますが、コードが色分けされていたり、マイクとイヤホンが記号で識別されていたりとタイプは様々です。使用する際は説明書を見て確認するようにしましょう。

Web会議などを行いたい場合に1台のPCから2つ以上のヘッドセットを使ってSkypeを行うことは可能か?

上記で説明した通り、ヘッドセットはパソコンについているプラグを使用しいて接続します。

基本的にSkypeはマイク一つにヘッドセットもしくはスピーカー一つしか使用できないようになっています。

ヘッドセットをパソコンに直接接続する方法では複数台のヘッドセットを使うことは不可能です。

Skypeのアカウントを2つ作る方法やミキサーソフトを使うなどなんとか複数台を接続しようと試みる人もいますが、単純な作業ではないためあまりおすすめできません。

パソコンとヘッドセット以外で必要な機材はあるのか?

ヘッドセットを物理的に増やす方法は難しいですが解決策はあります。

マイクとスピーカーが一体化した「スピーカーフォン」を使用すればSkype会議を複数人で共有することが可能です。

スピーカーフォンは電話のハンズフリー機能を、スピーカーを通して伝えるような仕組みとなっており、集音性の高いマイクがついているので一定の空間で複数人が聞き取りやすいほどの音質や音量のクオリティを保って会議をすることが出来ます。

スピーカーフォンを使用したSkype会議は近年企業が力を入れ始めているリモートワークの現場でも欠かせない存在となっておりこれから伸びる分野として有力視されています。