Skype for Businessを活用するメリットとは?

世界中の人と無料でコミュニケーションが取れるマイクロソフトの便利なツール、Skypeを使用している方も多いでしょう。

そのSkypeをビジネスユーザー向けにしたのがSkype for Businessです。Skype for Businessを使用するメリットや有料版と無料版などの違いについて詳しく解説していきます。

 

■Skype for Business とは

Skypeはインターネットを通じて相手の顔を見ながら会話ができるサービスですが、Skype for Business はビジネスシーンで重宝される機能を多く持ち合わせています。

ビデオ通話の利便性も高く、マイクロソフトのオフィスソフトであるOutlookやWord、Excel、Power Point等とも連携できます。

そしてSkypeとの大きな違いが安全性の高さです。認証機能と暗号化を強化しておりSkype for Business で使用しているチャット、添付ファイル、通話、ビデオ通話全てを暗号化して保護します。

またアカウントの乗っ取り被害を防ぐために、IDとパスワードによるログインに加えて多要素認証の機能を追加し安全性を高めているのです。

 

■Skype for Businessの主な利用シーン

Skypeを使えば遠方の人との会議を開催することが可能になりますが、Skype for Businessでは最大で250人の参加が可能ですので大規模オンライン会議にも使用できます。

オンライン会議を行う時はその内容を記録として残すために議事録を作成しますが、会議内容をレコーディングしておけますのでそれを議事録として残せます。

またオフィスソフトであるExcelやPower Pointを共有しながら会議を進めることができますし、会話中に資料を編集することも可能ですので便利です。

Skype for Businessには他にもオンライン会議で利用できるさまざまな便利機能が利用できるようになっています。

 

■無料版、有料版の違いとメリット

Skypeは無料で利用できるコミュニケーションツールですが、Skype for Businessは1ユーザーあたり最低でも220円(毎月)の利用料金がかかりますし、さらなる機能を求めると利用料金も高くなります。

利用料金がかかると無料で利用できるSkypeのままでいいと考えるかもしれませんが、出張コストの削減やWEBセミナーの開催、効率の良いオンライン会議が可能といったメリットを考えると十分な費用効果が期待できると言えます。

またSkype for Businessを使用する際はヘッドセットやスピーカーフォンを使用するとより円滑にオンライン会議などが進めやすくなります。