Skype for Businessでの画面共有のやり方・方法

Skype for Businessでは、複数人の会話や文字のやり取り以外にも、画面を共有することができます。

今回は、Skype for Businessでの画面共有の方法やメリットをお伝えします。

 

 

■画面共有とは

Skype for Businessでは、会議や通話、インスタントメッセージによる会話の中で、参加者全員に自分のデスクトップ全体を見せることができます。

また、他の人に見られたくない機密情報やファイルがある場合は、全体を共有するのではなく、特定のプログラムだけを見せることも可能です。

画面を共有することにより、文字だけではなくビジュアルを通した情報共有やコミュニケーションを取ることができるようになります。

 

 

■画面共有の方法

自分の画面を共有するには、会議で発表者になりアクセス権が付与されている必要があります。

その後、以下のような操作で、画面やプログラムの共有ができます。

1.会話ウィンドウの下部にある「発表」ボタンを選びます。

2.「デスクトップの表示」か「プログラムの表示」を選びます。

 「プログラムの表示」を選んだ場合は、更に共有したいプログラムやファイルを選びます。  

3.デスクトップの共有を終わらせるには共有ツールバーから「発表の停止」を選びます。

 

複数のモニターを所有している場合は、共有したいモニターを選ぶことができます。

もし、すべてのモニターを共有すると、1台目のモニターに共有ツールバーが表示されます。

 

 

■画面共有のメリット

今まで以上に会議を円滑に進めるには、画面を共有することが不可欠です。

文字や言葉だけでは伝わりづらい情報やニュアンスでも、ビジュアルを駆使することでしっかりと伝えられます。

これにより会議に参加している人達の認識や解釈のズレをなくし、後々のトラブルを回避することができます。

 

 

共有ツールバーの「制御を渡す」を選ぶと、別の参加者にファイルの変更やサポートなどをして貰うことができます。

より高度なプレゼンテーションが必要な場合に活用すると良いでしょう。

なお、「制御を渡す」から「制御を取り戻す」をクリックすると、この状態を終了できます。