テレワーク・在宅勤務で必要なものにはどんなものがある?

社内で行う業務を自宅で行うテレワーク・在宅勤務は昔から存在はしていましたが、在宅勤務を導入する企業が増えてきたことにより「新しい働き方のひとつ」として在宅勤務にスポットがあたり始めています。

テレワークや在宅勤務を始めるにあたり、必要なものや勤怠管理などについてまとめてみました。

■テレワークや在宅勤務のメリットとは

テレワークや在宅勤務の最大のメリットは「通勤時間がない」ことです。
通勤時間を省略できれば、その分家ことや家族のことに時間を回せるので、働くママや、家庭で介護をしながら働きたい人にピッタリの働き方となります。

また人間関係が苦手な人でも、無理に人と顔を合わせる必要がないので、人間関係に振り回されることなく仕事に集中することが可能です。

ストレスになりがちな「通勤時間」や「人間関係」から解放されることにより、本来の自分の能力を発揮できる人もいるので家庭事情関係なしに在宅勤務に切り替えている人も増加傾向にあるようです。

■テレワーク・在宅勤務を行う上でネット環境は不可欠

テレワーク・在宅勤務を始めるにはパソコンとネット環境が必要不可欠です。
まず仕事に必要であることはもちろん、パソコンやネット環境を使い勤怠管理やスカイプで円滑なコミュニケーションを図る必要があるからです。

特に、自宅で作業をしていると外部との情報共有不足が問題視される傾向にあります。
その解決方法のひとつとして、「スピーカーフォン」を使用したスカイプ会議などを定期的に開催することできめ細やかなコミュニケーション、社内で仕事をしている時と同じような円滑なコミュニケーションが期待できます。

またクラウド勤怠管理を導入すれば、リアルタイムでの勤怠管理も可能となります。
仕事を開始するとき、また終わるときにはスカイプなどでの口頭による挨拶のほか、タイムカード等による管理が必要となりますが、最近ではオンライン上で勤怠管理を行う会社が増えています。
オンライン上での勤怠管理システムの使用で、時間の管理ばかりだけでなく、データを給与ソフトと連動させたりシフト管理などもついているので大変便利です。