テザリングでの通信でSkypeのビデオ通話は快適に出来るのか?

パソコンやタブレットをインターネットに接続する方法の一つにテザリングがあります。

ではテザリングでの通信でSkypeのビデオ通話を使用した際、快適に使用することはできるのでしょうか?

 

■テザリングでのSkypeのビデオ通話は快適に使えるのか

 まずテザリングを使用した際の通信速度についてご紹介します。

テザリングには主な接続方法が3つあります。

 

1.USB接続

2.Wi-Fi接続

3.Bluetooth接続

 

この中のUSB接続は契約をしている携帯電話の通信速度からの低下は少なくなります。

しかし、Wi-Fi接続とBluetooth接続に関しては、Wi-Fi接続は通常の速度低下、Bluetooth接続はWi-Fi接続よりも更に速度低下が起こります。

契約している携帯の料金プランや使用している電波環境によっても違いますが、Wi-Fi接続とBluetooth接続の場合には、Skypeのビデオ通話で最低限必要な128Kbpsに近づくと、下回る可能性もゼロではありません。そうなると快適に使用できるとは言えません。

しかし、環境によってはどのような接続方法でも快適に使用できることもあります。

そのため、Skypeのビデオ通話をテザリングで接続するなら、電波の良いUSB接続をすることをおすすめします。

 

■モバイルWi-Fiとテザリングでは、Skypeのビデオ通話をするとどのような差が生じるか?

テザリングと似ているものだと、ポケットWi-Fiがあります。

モバイルWi-Fiとテザリングの大きな違いは通信速度です。

モバイルWi-Fiでは地域によっても違いますが、100Mbps程度の通信速度がある地域もあれば、都心部では400Mbpsを記録する場合もあります。

一方、携帯電話のテザリングだと3GやLTEなど、使用する場所による使用回線によって異なりますが、おおよそ100Mbps前後と考えられます。

どちらも通信環境によって変わりますが、Skypeが推奨する標準のビデオ通話の通信速度は300Kbpsと言われているので、

数字の上ではモバイルWi-Fiも携帯電話のテザリングでも問題なく使えると考えられます。

ただ、携帯電話には契約しているデータ量を超えると速度規制がかけられます。

その場合、128Kbps程度になりますので、その場合はビデオ通話を快適には行えるとは言えませんので、注意が必要です。

また、バッテリーの持ちも違います。

同じ時間を接続しても携帯でテザリングした方が、バッテリーの消耗が早い傾向です。

 

■ビデオ通話を快適に使用するには

上記で述べたように、テザリングでもモバイルWi-Fiでも電波の環境が良ければSkypeのビデオ通話を快適に使用することができます。

使用頻度が少ないのであれば、モバイルWi-Fiを持ち歩く必要もないのでテザリングでも十分でしょう。

それと併せ、快適に使用するためのツールとして、ヘッドセットやスピーカーフォンを使うのをおすすめします。

ビデオ通話で相手の声がはっきりと聞こえないということは、ストレスになるだけでなく、通話時間が延びることで、通信量の増加にもつながります。

それを回避するにはヘッドセットやスピーカーフォンを使用することで、ストレスなく無駄のないビデオ通話ができるでしょう。

特にSkypeのビデオ通話は、最近のビジネスシーンでも使われるようになり、外出先での使用も増えてきました。使用頻度などに応じて接続方法を各自が選択し、それと合わせてヘッドセットやスピーカーフォンなども併用することでより快適に使用できるでしょう。