営業部員が外回りの際に持っておきたい持ち物 

営業部員は客先訪問等、社外で行う仕事の割合が多くなると思いますが、外での仕事を円滑に進めるためにも持っていると便利なアイテムがいくつかあります。

 

利便性の高いツールやアイテムを使いこなすことで、仕事の効率アップ、会社に戻ってからの作業負担を減らすことが可能になります。

 

営業の仕事をしているビジネスマンが持っていると役立つアイテムについて紹介していきます。

 

■仕事の効率をアップさせるバッグ

外回りに出る時は何かと荷物が増えてしまってバッグがパンパンになってしまうことがよくあります。

 

勿論、バッグの中身に入っているもののほとんどは必要な物かもしれませんが、が荷物が多すぎるとどこに何を収納しているのかがわかりづらく、いざ必要な物を取り出す時にそれを見つけるまでに時間がかかります。

 

それが作業効率を下げる一因にもなりますし、お客様の前でバタバタしていまうことにもつながりかねません。そのためバッグの中身を整理整頓しておく事は大変大事な事です。

 

そのような時に便利なのがバッグインバッグです。これは通常のビジネスバックに入れるためのバッグですが、多くの仕切りが付いていてバックに入れている物をきれいに整理整頓して収納することが可能になります。

 

■ケーブルやアダプターをすっきりさせる小物収納ポーチ

営業部員は得意先にてタブレットやパソコンといった電子機器を使う機会も多く出てきますが、その際にケーブルやアダプターがカバンの中で散らかってしまうと大変です。

 

ケーブルがカバンの中身に絡まってしまって中身が取り出すのに時間がかかり、得意先の方の印象も悪くなります。

 

充電コードやアダプターといったデジタル機器に特化した製品をすっきりと収納できるバッグがあると便利です。

 

 

■商談をスピーディーにまとめるヘッドセットやスピーカーフォン

外回りに出て得意先との商談をまとめたい時、営業担当者と得意先の担当者だけで商談がまとまることもありますが、現場や本社の意向や意見も聞いておかないと後にトラブルになったり、お客様の信頼を失ってしまう危険性が出てきます。

 

より円滑に商談をまとめるためには、担当者と本社や工場のスタッフを交えて会議を行う必要があります。

 

スピーディーに商談をまとめるのに一役買ってくれるのがテレビ会議やウェブ会議です。急ぎで商談をまとめる必要性が出てきた時に、お客様の前でパソコンやタブレットを開き、本社等の関係者とコミュニケーションを取る事が出来ます。その際にはヘッドセットやスピーカーフォンがあると便利です。

 

最近主流のスピーカーフォンは軽くて持ち運びにも便利、音質もよく、モバイル端末への接続が便利など持ち運びするのに便利な条件が揃っています。

 

上記のような製品を積極的に取り入れることで、仕事の効率を上げるのに役立ちます。