Skype(スカイプ)での会議は何人まで可能?人数上限はある?
Video Call Facetime Chatting Communication Concept

会社にとっての会議といえば、会議室に詰めてホワイトボードやプロジェクターを眺めながら云々と話し合うのが一般的でしたが、遠距離の人を相手でも会議ができる「テレビ会議」からはじまり、今ではSkype(スカイプ)や有料のSkype for Business(ここでは両方合わせてSkypeとします)を使用したWeb会議の認知度も高まってきました。

Skypeでの会議は何人まで可能なのでしょうか?

上限人数を含め「Skype会議」について調べてみました。

■Skype(スカイプ)で会議をやる際のメリットとは

Skype(スカイプ)での会議は何人まで可能?人数上限はある?

アプリをインストールすればタブレットやスマホからも参加が可能で、初心者にも使いやすいのもメリットの一つです。
少人数のミーティングはもちろん、スピーカーフォンを利用して大人数相手のセミナーや研修会などにも対応できるので汎用性の高さも評価されています。

さらにSkype会議ならパソコンやタブレットの画面で会議資料だけでなく、音声や映像も共有できるので在宅勤務者が会社に行かなくても社内の人間と濃密なディスカッションを行えるので便利です。

■Skype(スカイプ)で会議を行うためには何が必要?

 SkypeでWeb会議を行う為にはパソコン、タブレット、スマートフォンなどの端末、ヘッドセット、ウエブカメラ、それとネット環境が必要です。

 大人数で会議をする場合は、スピーカーフォンも必要になります。開始するにあたり特に難しいシステム構築などをする必要がなく、誰でも気軽に取り扱えます。

またミーティング内容も暗号化されるので会議内容が外部に漏れる心配もありません。

■Skype(スカイプ)での会議は何人まで参加が可能か

Skypeには上述したように「Skype」と「Skype for Business」があります。
「Skype」は無料で使えるサービスで、最大25人までグループを設定することができます。
個人で使う分にはSkypeで十分です。

「Skype for Business」はビジネスタイプのSkypeで、有料ですが最大250人のグループ設定ができ、大人数でのWeb会議が可能になります。
Skype会議で使う際のスピーカーフォンは会議の声がよく通るように集音性の高いマイクがお勧めです。
会議に参加する人数が多い場合はスピーカーフォンを連結して使用することも可能です。

 SkypeにはSkype for Businessと通常のSkypeがあるので、付属品はそれぞれのサービスに合わせたものを使うようにしましょう。(特にSkype for Businessではマイクロソフトの認証モデルを御使用することをお勧めします)