失敗しないWEB会議用スピーカーフォンの選び方

インターネットの普及から、最近は遠隔地に居ながら会議を行うWEB会議が主流となりつつあります。
WEB会議により、出張や電話の必要がなくなり時間と経費を大きく削減出来るようになりました。

しかし、WEB会議では遠くにいる人の声を正確に拾い、こちらの声も正確に届ける必要があります。
正確にきれいに音を伝えるためには、どうすれば良いのでしょうか。

WEB会議にはスピーカーフォンの導入が不可欠

WEB会議をスムーズに進めていくために必要不可欠なものとして、スピーカーフォンがあります。

スピーカーフォンは、マイクとスピーカーが一体になったもので、
机に置いておくだけで音を拾ってくれるのでハンズフリーで使用出来ます。

また、1台あるだけで多人数でのWEB会議参加が可能になるので、利用シーンが格段に広がります。

会議の規模や参加人数に合ったものを選ぼう

スピーカーフォンは、8人程度まで使用出来るコンパクトなタイプから、
何十人も参加するような大規模な会議にまで対応出来るものがあります。

少人数で会議するのであれば、中規模対応の小型スピーカーフォンを選ぶのがおすすめです。
小型なので軽量で、外出先への持ち運びに便利です。

また、小型のものでも拡張マイクを後付けすることで、多人数に対応出来るスピーカーフォンもあります。
今後、大規模の会議を予定しているのであれば、収音距離の拡張が可能なものを選んでおくと良いでしょう。

エコーキャンセラー機能付きのスピーカーフォンを選ぼう

自分の声が跳ね返ったり、雑音を拾ってキンキンとした音が聞こえては、会議がスムーズに進みません。
こうした現象を抑えてくれるのがエコーキャンセラーと呼ばれる機能です。
この機能の付いたスピーカーフォンを選べば、これらの雑音を抑えてくれるので快適に会話ができるでしょう。



このように、WEB会議をスムーズ行うためには、音が雑音なくはっきり聞こえることが重要となります。
会議の規模に合わせて、最適なスピーカーフォンを選んでみてください。