テレビ会議とWEB会議の違いについて

最近では、離れている場所を結んで会議を行うことも珍しくなくなってきました。
その代表的な方法が、テレビ会議とWEB会議です。

ここではテレビ会議とWEB会議の違いについて簡単にご説明します。

テレビ会議とは

テレビ会議とは、離れた場所に居る相手の顔を見ながら話すことができる遠隔会議の一つです。
テレビ会議の特徴は、なんといっても鮮明な映像をやりとりできることにあります。

以前は専用の機械がなければテレビ会議を行うことはできませんでしたが、最近ではWEBカメラとパソコンがあればソフトウェアを通じてテレビ会議を行うことができるようになりました。

WEB会議とは

WEB会議とは、インターネットに接続されたパソコンなどの通信機器を使って行う遠隔会議です。
インターネットやネットワークを介して映像や音声などを送受信することで、遠隔地との会議も可能になります。

通話品質はインターネット回線によるところが大きく、導入にはある程度の設備投資が必要です。

テレビ会議とWEB会議の違い

テレビ会議とWEB会議は、それぞれ得意としているものが違います。

テレビ会議は鮮明な映像のやり取りを得意としています。
また、大人数を映し出す必要がある会議やセミナーなども、テレビ会議のほうが適していると言えるでしょう。

WEB会議は、自席から会議に参加できるのが大きなメリットです。
インターネット回線を通じて資料などを瞬時に共有できるのも大きな特徴です。

テレビ会議とWEB会議に必要な機器

それぞれ得意な分野があるテレビ会議とWEB会議ですが、
どちらの場合もクリアな通話品質のためにはスピーカーフォンを利用するという方法があります。

スピーカーフォンの中には、音声送受信時のノイズやエコーを低減してくれるタイプもあります。
スムーズなやりとりのためにも設備投資は惜しまないようにしましょう。



テレビ会議もWEB会議も、遠隔会議だからこその問題点があります。
スムーズなやりとりのためには、それらをいかに少なくできるかが重要です。

適切な機器を導入し、通話品質の向上に努めましょう。