遠隔地でも会議を快適・スムーズに行う方法とは

一昔前までの社内会議と言えば、会議室に一同が集まり話し合うものでした。
しかし、最近では情報技術の進歩により、遠隔地に居ながらも同時に通信して会議が出来るようになりました。
では、遠隔地でどのようにして会議を行っているのでしょうか。

遠隔地でもスムーズに会議を行う方法とは?

現在、多くの会社で取り入れられているのが、テレビ会議という方法です。

テレビ電話のようなもので、パソコンの画面に顔を映し出し相手の表情を見ながら話し合いや交渉を進めていくことが出来ます。
機材を使えば一度にたくさんの人数で会議を行うことも出来ます。

次に、海外の企業で多く取り入れられているWeb会議というものです。
Web会議は、各個人のパソコンを使って参加します。

違う場所で一つのデータ(資料)を共有し、そのデータを修正するなどの作業が行えます。
パソコンが使える場所であれば、どこででもすばやく会議に参加できるというメリットがあります。

スムーズな会議をするために必要な機材1.スピーカーフォン

遠隔地でもスムーズに会議を進めるためには、ぜひ揃えて欲しい機材があります。
まず、スピーカーフォンです。

スピーカーフォンを使用すると、広範囲に渡り音を集めてくれるので大人数で会議を行う際に最適です。
また、マイクとスピーカーの二つの役割を果たしてくれるので、プレゼンなどでも役立ちます。
USBケーブル1本で簡単に接続出来るので、手軽に取り入れられます。

スムーズな会議をするために必要な機材2.Webカメラ

次に紹介するのがWebカメラで、自分の顔を映し出すために利用します。
パソコンに内蔵されている場合もありますが、外付けのWebカメラも簡単に接続出来るので便利です。
10名以上の大人数での会議では、ズーム機能や映し出す場所を自由に移動できるタイプがおすすめです。

スムーズな会議をするために必要な機材3.ヘッドセット

ヘッドセットを使用することで、マイクが口元にセットされるため音質が安定します。
また、耳にしっかり装着するので相手の音声も聞き取り易いです。 
軽量なので外出先や出張先への持ち運びも便利です。



このように遠隔地でも会議をスムーズに進めるためには、色々な機材を用意する必要があることが分かったかと思います。
会議の参加人数や規模によっても必要な機材が変わってくるため、用途に応じた最適なものを選ぶことが大切と言えます。