WEB会議にてエコーが起こる場合の原因と対処法について

最近主流となっているWEB会議は、遠隔地に居ながら会議に参加出来るという大きなメリットがあります。
しかし、遠く離れた相手と会話をすると、音が聞き取りにくかったり雑音が入るなど音に関するトラブルも多いようです。
ここでは、WEB会議における音トラブルの1つである、エコー現象の原因と対象法について見ていきましょう。

エコーとはどんな現象?

WEB会議におけるトラブルの中で最も多いと言えるのが、エコー現象です。
エコーとは発した言葉の一部が反射してその人に戻ってくる反響のことで、やまびこもその1つです。

自分の発した言葉がマイクに反響して聞こえてきてしまうと相手の声も聞き取りにくくなり、
円滑に会議を行えなくなってしまいます。
相手が取引先で大事な商談ともなると、大問題に繋がる恐れもあります。

対処方法1.エコーキャンセル機能付きスピーカーフォンを利用する

エコー問題を解決する方法としては、エコーキャンセル機能を搭載したスピーカーフォンの導入が挙げられます。
その名の通り、エコーを除去して音の途切れない快適な会話を実現してくれます。

今やWEB会議とエコーキャンセルは、ワンセットと言われるほどWEB会議には欠かせないものです。
WEB会議を行う際は、エコーキャンセル機能のついたスピーカーフォンを取り入れましょう。

対処方法2.エコーの発生源を調べる

複数の拠点で同時にWEB会議をしていると、エコートラブルが起こる場合があります。
その場合は、一旦1つの拠点以外の音を消して発生源がどこにあるのかを調べてみましょう。

せっかくエコーキャンセル機能のついたスピーカーフォンを利用しているのに、
パソコンのマイクを選択して参加していたというケースもあります。
必ず会議に参加する前には、スピーカーのセッティング状況もチェックするようにしましょう。



このように遠隔地でのWEB会議をスムーズに円滑に行うためには、
エコーキャンセル機能付きのスピーカーフォンを導入することがおすすめです。
もし、エコートラブルでWEB会議をスムーズに進められないようであれば、早速導入してみてはいかがでしょうか。