ヘッドセットのノイズ対策(ノイズ除去)方法とは?

ヘッドセットを使用中に接続方法に関係なく、雑音(ノイズ)が入ることがあります。ノイズが入ることで通信相手の声が聞き取りづらくなる、音楽が聞こえなくなり快適に使用できなくなりますがその原因や対処法について紹介していきます。

ノイズが起こる原因

パソコンや端末にヘッドセットを接続するときはUSBケーブルを用いるか、Bluetoothにて接続するのが一般的です。どちらの接続方法でもノイズが入ることがありますが接続方法によってノイズが起こる原因は異なります。

USBケーブルにて接続した場合にノイズが起こる原因は複数考えられます。端子の接続状況が悪くなっていることも原因の一つとして考えられます。

端末やパソコンの差し込み口にUSBケーブルを接続しますが、しっかりと端子が接続されていないとノイズが起こりやすくなりますし故障の原因にもなります。

さらにパソコンや端末本体からのノイズで、ヘッドセットからもノイズが発生することもあるのです。

Bluetooth接続時に発生するノイズは、他の電波の影響が主に原因として考えられます。さまざまな電子機器で無線接続を使用している、電波が発生していると電波干渉が起こりやすくなりノイズが発生するのです。

また接続方法に関係なく音を大きくしようと音量を上げ過ぎてしまうとノイズが起こりやすくなります。

ノイズ対策

USBケーブル接続した場合のノイズ対策としては、しっかりと端末を差し込む、音量を適切に調整することでノイズ発生率を下げられます。

Bluetooth接続を行っている場合は考えられる外部の電波から影響を少なくするため、必要最低限の電化製品の電源を切るようにしましょう。

またBluetoothは無線ですがヘッドセットと端末の距離が離れすぎてしまうとノイズが発生しやすくなりますので、できるだけ端末との距離を近くするようにします。

ノイズが起こらないようにするには?

ノイズが発生すると快適に使用できなくなりますのでノイズが発生しないのが望ましいです。

まずは、上記のようなノイズが起こる原因を知っておくことが重要となります。

原因を知ることでノイズが発生しにくい環境を作れますし、万が一発生した場合でも迅速に対応できるようになります。