Skype翻訳は無料?無料でどのぐらいの精度があるか?

Skypeの機能のひとつにSkype翻訳があります。

ではSkype翻訳とはどのような機能なのでしょうか?

また、無料で使えるのか?無料の場合はどのぐらいの精度なのかということもご紹介します。

 

■Skype翻訳とは

 Skype翻訳は音声通話やインスタントメッセージで言語を翻訳し、ユーザーをサポートする機能です。この機能によって、言葉が通じない国の人ともやり取りをすることが可能となります。

また、Skype翻訳は機械学習を採用しているので、使えば使うほど機能が向上するものになります。

Skype翻訳は2016年1月から正式に提供されており、2017年4月7日にはついに日本語に対応したと発表されました。

 

■Skype翻訳は無料

 Skype翻訳は無料で利用できます。

現在では英語やスペイン語、日本語などの10言語での翻訳が可能となっています。 

ではSkype翻訳が有料となる場合はあるのでしょうか?

Skype翻訳自体は有料にはなりません。しかし、Skypeの有料機能と組み合わせることでコミュニケーションの幅がより広がります。

 

■Skypeの有料機能との組み合わせとは?

 SkypeはSkype同士の通話やチャットであれば、無料で行えることはご存知の方もいることでしょう。

また、Skypeには無料だけでなく、固定電話や携帯電話と通話する有料機能も備わっています。この機能とSkype翻訳を組み合わせることで、海外のショップとのやり取りや、ホテル・レストランの予約などにSkypeを活用することもできます。

 

■無料のSkype翻訳の制度は?

 では、無料で使えるSkype翻訳の制度はどの程度なのでしょうか?

例えば、海外のレストランの予約をするとします。

翻訳する言語などを選び、会話をすると翻訳された音声が聞こえるまで数秒のタイムラグがあります。

そのため、同じ言語同士で話すようにテンポよく会話することはできませんが、問題なく会話ができます。

また、翻訳できない言語なども正直なところ存在します。

しかし、ここからがSkype翻訳の凄い点で、翻訳をしながら学習するという機械学習が採用されています。

そのため、利用者数が増えて利用されればされるほど、翻訳制度は向上します。

無料で使用できる点から考えると、Skype翻訳は十分な制度と行っても過言ではありません。

 

■正しい翻訳にははっきりと発言することが重要

 Skype翻訳にも弱点があります。

それは「雑音」と「はっきりと聞こえない」ことです。

それを防ぎ、ストレスフリーでSkype翻訳を使うには、スピーカーフォンやヘッドセットを用意することをおすすめします。これらを使うことによって、言葉をよりはっきりと認識させられるので、正確な翻訳を期待できることでしょう。

Skype翻訳が日本語に対応したことにより、日本にいながら言葉の分からない海外の人たちとのコミュニケーションも取りやすくなりました。

今後は更に対応する言語が増えることも期待でき、世界中とつながることができるようになるのではないでしょうか?