3者間(多拠点)で電話会議をする方法とは

3者間(多拠点)で電話会議をする方法には、様々なものがあります。
ここでは3者間(多拠点)で電話会議をする方法と、そのために必要な機材をご紹介します。

3者間(多拠点)で行う電話会議とは

3者間(多拠点)で行う電話会議とは、文字通り3か所以上の拠点にある電話を同時に繋いで行う会議のことです。
その場に居ながらにして遠隔地の人とも会議が出来るので、移動時間や移動費の節約ができます。

しかし、通常の電話サービスでは3者間(多拠点)を繋いで会議を行うことはできません。
3者間(多拠点)を繋いで会議を行うには、そのためのサービスに加入するだけでなく、必要な機材をそろえる必要があります。

複数の拠点で電話会議を行う方法

複数の拠点で電話会議を行うには、電話会議サービスを使う方法があります。
電話会議サービスは、複数拠点を繋いで会議が出来るようにする通信サービスです。

初期費用が必要なものから無料のもの、ランニングコストの高いものから低いものまで、様々な会社から様々なサービスが提供されています。
しかし、中には通話時間に応じたサービス料が発生するサービスもあるので注意しましょう。

特別な機械を準備することなく始められるので、会議を行うのが一度きりの場合は電話会議サービスを利用したほうが良いでしょう。

電話会議のための専用機械を導入して行う方法

複数拠点で電話会議を行うには、専用のスピーカーフォンを導入して会議を行う方法もあります。
スピーカーフォンの購入費用は必要ですが、電話会議サービスを使うよりも音声品質が良いという特徴があります。

また、初期投資は必要ですが、長期的に見たランニングコストは電話会議サービスより安く抑えることができるのがほとんどです。
会議に参加できる人数も大幅に増えるメリットもあります。

大人数で会議を行う予定がある場合は、スピーカーフォンを利用して電話会議を行ったほうが良いでしょう。



電話会議サービスを利用して電話会議をするにしても、スピーカーフォンを利用して電話会議を行うにしても、
それぞれにメリットデメリットが存在します。
手軽に電話会議をしたいのであれば、電話会議サービスを使う方が良いでしょう。

しかし安定した音質でスムーズに会議を行いたい場合は、
スピーカーフォンを利用したほうがスムーズに電話会議を進めることができると言えます。