Web会議の導入が在宅勤務にもたらす恩恵
■被写体の人物はストックフォトモデルです。

最近では様々な理由から在宅勤務という働き方をする人が増えています。
ではそもそも在宅勤務とはどういった働き方なのでしょう?
また、在宅勤務制度で得をする人はどのような人なのでしょう?
在宅勤務をする場合のツールの一つであるWeb会議はどのようなものなのでしょう?
それぞれご説明します。

■在宅勤務とは

在宅勤務はその名の通り、会社のオフィスで働くのではなく自宅で働くことを指します。

近年では、インターネットを始めとした様々な通信機器の普及により、在宅勤務を認める企業が増えつつあります。

■在宅勤務制度で得をする人々

では在宅勤務制度が設けられるとどのような人が得をするのでしょうか?
在宅勤務で得をする人は一言で言うと、「会社に行くのが困難だが就労意欲のある人」です。
それは出産前後の人、感染症にかかった人、長期療養中の人などが挙げられます。
これらの人々は今までは、産休であったり、長期欠勤や休職であったりという方法を採らざるを得ませんでした。

そうなると、本人達の収入に関わるだけでなく、会社としてもその期間だけ人が足りないという事態が発生し、お互いにマイナスになっていました。
そんな場合、在宅勤務をすることができれば、本人達も会社も非常に助かることになります。
また、仕事をしようという意欲と能力はあるのに、何らかの原因で人と会うことができずに引きこもり状態になってしまっている人も数多くいます。
そういった人も、在宅勤務であれば普段生活をしている自宅で仕事ができるので、自分自身の才能を活かし社会復帰の第一歩にもなります。

■在宅勤務を円滑にこなすための方法

一言で在宅勤務と言うと簡単そうですが、実は多くの障害があります。
その原因となるのがコミュニケーション不足です。

仕事を行う上で、会社と従業員、顧客間のコミュニケーションは必要不可欠です。
困難なことが続き解決の糸口が見出せないと、その仕事を継続することは難しくなります。
在宅勤務を行う人がそのような状況になり、仕事を離脱しなくてもいいように何かしらの方法を採る必要があります。

その方法の一つとしてお勧めなのが「Web会議の導入」です。
Web会議を導入し活用することで、自宅にいながら会社や顧客とコミュニケーションを取ることが可能になるのです。
ではWeb会議を導入するにあたって必要なものやメリットはどのようなものがあるのでしょう?

■Web会議導入に必要なもの

Web会議の導入に当たって最低限必要なものは、インターネット環境とパソコンです。
この二つがあれば最低限の会議は行うことができます。
しかし、この二つだけだと文字のみでの会議になってしまいます。
そのため、次の二つのアイテムがあるとより中身のあるWeb会議を行うことができます。
 

1.Webカメラ

やはり文字だけでは正確なものが伝わらない場合があります。
Webカメラを使用することで相手の顔を見ながらの会議ができます。
顔を見ながら会議をすることで、感情の動きなどもよく分かり、お互いの意思疎通が良くできるようになります。

2.スピーカーフォン

合わせてスピーカーフォンもあると便利です。
 
スピーカーフォンの使用は​受話器型のハンドセットと異なり、​両手がフリーになることに合わせて、ヘッドセットの使用と比較した場合に、耳を塞がなくてよいことがメリットとして挙げられます。
 
在宅勤務を行う理由として、育児や介護を行っているために家を離れることができないというものがあります。
育児や介護を行ったことがある人は分かると思いますが、育児や介護において耳からの情報は非常に重要です。
赤ちゃんや介護を必要とする人は、泣くことや大声をあげることで、何かしらの要求や異常が起きているといった意思を示すことが多くあります。
 
そんな時、耳が塞がっているとその信号に気付くことができない危険性があります。
スピーカーフォンを使用することで、そのような危険な可能性を少なくすることができるのです。
これがスピーカーフォン使用の在宅勤務に特化したメリットと言るのではないでしょうか

■Web会議のメリット

Web会議のメリットは、会議も在宅でできるということです。
最初に述べましたが、在宅勤務をしている人には何らかの理由で自宅から出ることができない人もいます。
そういった人ともWeb会議を行うことでしっかりとしたコミュニケーションを取ることができます。
また、自宅から出ることができる人でも、Web会議であれば移動時間や経費を抑え、その時間を仕事に当てることもできます。
Web会議はしっかりと実施することで、在宅勤務をしている人にとっては大きなメリットがあるのです。
 
 
社会の変化と同時に、働き方も大きく変化しています。
その代表的なものの一つが在宅勤務と言ます。
在宅勤務はWeb会議の導入などにより、業種によっては会社のオフィスと同じかそれ以上の成果を上げることもできます。
 
企業側からしても大きなメリットがあります。
それは、経費の削減と同時に会社の近くだけでなく世界中で能力のある人を発掘することができるということです。
働く側も企業側も、時代に合わせてそれぞれが考え、よりよい働き方を考えて行く必要があるのではないでしょうか?