電話会議に必要となる機器・機材とは?

ビジネスのグローバル化に伴い、電話会議やWEB会議を導入する企業も増えてきました。

比較的容易に導入することができる電話会議ですが、
導入するにあたって必要な機器にはどんなものがあるのでしょうか。

ここでは、電話会議に必要な機材をご紹介します。

電話会議とは

電話会議は、遠く離れた二つ以上の場所を電話回線で結んで行われる遠隔会議の一つです。
電話回線があれば、世界中どこからでも参加することができます。

また、電話回線は比較的安定している回線のため、通話品質も安定しているのが大きな特徴です。
導入から運用までの時間がかからず、比較的低コストで導入することができるため、多くの企業が電話会議を導入しています。

電話会議をするにあたって必要な機器・機材

電話会議をするにあたっては、当たり前ですが、通話のできる通信機器が必要になります。
もちろん、電話回線も必要です。

もし三か所以上の拠点を結んで会議を行うのであれば、電話会議サービスの利用や電話会議装置の導入も必要になってきます。
場合によっては、スピーカーやマイクなども必要となってきます。

電話会議に欠かせない装置 スピーカーフォン

電話会議をするにあたって、必ず導入したい機材があります。
それはスピーカーフォンです。

スピーカーフォンがあることで、ハンズフリーでの電話会議が可能になります。
資料を確認しながらの発言もスムーズになり、会議の効率が上がるでしょう。

また、スピーカーフォンによっては、通話のノイズやエコーを低減してくれる機能も備わっています。
雑音が低減されるため、相手の声が聞き取りやすく、自分の声が相手に聞こえやすくなります。

クリアな通話はスムーズな会議の進行には欠かせないものです。
一つの拠点に二人以上が集まって会議に参加する場合は、導入したい機材といえるでしょう。



WEB会議やテレビ会議に比べ、電話会議は比較的低コストで導入することができます。
導入から運用まで時間がかからないのも大きなメリットです。
必要な機材を準備して、スムーズに電話会議を行えるようにしましょう。