web会議の音声品質向上のためにすべき対策

その場に居ながらにして会議に参加できるWEB会議ですが、
スムーズな会議の進行のためには音声品質を保つことが必要不可欠です。
通話の音質を向上させるためにはどのような点に気を付ければ良いのでしょうか。

音声品質の低下による弊害

WEB会議において、音声品質が低下することはなるべく防がなければなりません。
会議を開催する場合は、必ず音声品質を向上させるための対策を行いましょう。

音声品質が良くないと、発言が聞き取りにくく、スムーズな意思疎通ができません。
聞き取るまでタイムラグがあったり、途中で言葉が途切れたりしては、せっかくのWEB会議も台無しです。

発言がクリアに、タイムラグ無く聞こえると、会議もスムーズに進みます。

音声品質向上のためにすべきこと

音声品質向上のためには、初期投資を惜しまないことが重要です。
導入に当たって、インターネット回線を整備したり、高性能なマイクやヘッドホンなどを導入することも検討しましょう。

WEB会議に特化したスピーカーフォンであれば、音声をクリアに拾ってくれるだけでなく、
受信時のノイズやエコーを低減させる機能が付いているものもあります。

また、会議の参加人数や会議室の形態によっても、適切な音響機器は変わります。

参加人数が1名の時はヘッドセットマイクなどが一般的ですが、
2名~5名位の小規模会議ではスピーカーマイクやスピーカーフォンタイプがおすすめです。

それ以上の中規模の会議ではスピーカーフォンも複数必要になってきます。

高音質のサービスを利用するのも有効

WEB上の会議室サービスにも色々なものがあります。

映像品質が高いものや音声品質が高いもの、サーバーに負荷がかかりにくく、
大人数でもスムーズに会議が行えるものなど様々です。

会議に参加する人数や会議の内容によって、適切なサービスを選択するようにしましょう。



音声品質を向上させるだけでも、WEB会議を更にスムーズに進めることができます。

導入に当たっては設備投資を惜しまず、会議の内容に応じて適切なサービスを選択するようにすれば、
WEB会議の導入は難しいことではありません。
これを機会にWEB会議を導入してみてはいかがでしょうか。