WEB会議をハンズフリーでも可能にする方法とは

最近企業の会議形態としてよく利用されるようになったWEB会議ですが、
実際には音声が途切れたり、操作に手間がかかるなど様々な問題があるのが現状と言えます。
ここでは、WEB会議をスムーズにストレスなく進めるための方法として、ハンズフリーについて紹介したいと思います。

WEB会議におけるストレス

WEB会議では、使用機器の煩雑さや、エコーなどの音の問題などがしばしば挙げられますが、
ヘッドセットなどを使用する場合に手がふさがってしまうことによるストレスもあります。

機器の操作に手間取ったり、資料をめくるのにいちいち機器を動かさなければならないなどでイライラした経験はありませんか?

スムーズにWEB会議を行うためには、これらの動作を行わないハンズフリー(自分の手が空いた状態)にしておく必要があるのです。

ハンズフリーにすることで得られるメリット

WEB会議中、ハンズフリーにしておけば資料の移動も楽になる上、
タブレットの操作も自由にできて、コミュニケーションに身振り手振りを付け加えることもできます。

また、会議の効率を大幅に上げるだけでなく、相手に自分の意見をより伝えやすくなるため、
コミュニケーションの質が向上できるというメリットも挙げられます。

ハンズフリーを実現するスピーカーフォンとは

ハンズフリーを実現するために欠かせない機器はとして、スピーカーフォンがあります。
スピーカーフォンは、いわゆるマイクとスピーカーが一体となった機器であり、
全方向から数メートルにわたって声を拾うことができるものです。

スピーカーフォンを導入するメリットとしては、以下の点が挙げられます。

  • スピーカーとマイクを個別に操作する必要がなくなる
  • 音質が劇的に改善されるため、ヘッドセットを使用する必要がなくなる
  • これら機器を会議中に手で操作する必要がなくなり、ハンズフリーが実現する
  • ハンズフリーになることでストレスの低減やコミュニケーションの質の向上につながる

さらに、「エコー」と呼ばれる音の質を下げる現象を低減することができるため、
ヘッドセットをわざわざ使用する必要もなくなるのです。



いかがでしたでしょうか。
スピーカーフォンひとつ導入するだけで見込まれるメリットはこのように極めて大きなものになります。
WEB会議を検討中の方は是非お試しください。