ヘッドセットの「ステレオ」と「モノラル」何が違う?

パソコンやオーディオ機器に接続して使用する両耳型のヘッドセットには「ステレオ」と「モノラル」の2種類のタイプがあります。

それぞれのタイプにはどのような特徴があるのか、使用に適した場面などについて詳しく紹介していきます。

 

■「モノラル」の特徴について

モノラルの「モノ」とは、「単一」の意味を持っています。

それを知れば想像しやすいと思いますが、モノラルのヘッドセットとは、左右のイヤホンから同じ音が聞けるように作られています。

実際の人間の耳では左右で同じ音量を聞いているわけではなく、音の発生源によって右耳・左耳で聞く音量も変わってきます。

 

モノラルヘッドセットはビデオ会議など、相手の声をムラなくスムーズに聞く必要がある場面で使用されます。

また、ヘッドセットの中には片耳タイプのものも売られていますが、こちらは当然モノラルのヘッドセットとなります。

 

 

■「ステレオ」の特徴について

一方のステレオのヘッドセットでは実際に人間の耳で聞いたときのように、左右のスピーカーから異なる音が出力されます。

 

たとえばクラシック音楽を聴くときは、ヴァイオリンやチェロといったさまざまな楽器のコントラストが美しいハーモニーを醸し出すため、ステレオタイプのヘッドセットの方が自然で美しい音に聞こえるのです。

 

また、派生的なものとして「サラウンド」という仕組みも最近では主流です。

「ステレオ」は基本的に左右からの音が聞こえるのに対し、「サラウンド」は前後左右から音が聞こえる仕組みになっています。

どちらも音源からの距離の差などを考慮して作られたものになりますので、基本的にモノラルが推奨される会議用のヘッドセットよりも、臨場感のある音楽鑑賞や映画鑑賞などを行う場合に適しています。

 

 

■ヘッドセットはどちらを選ぶべきか

ステレオやモノラルといった種類があるヘッドセットですが、結局はどちらのヘッドセットを選んだらよいのでしょうか。

 

会議で使用する機会が多い場合は、モノラルタイプのヘッドセットを選んだほうが声を聞き取りやすいです。

音楽鑑賞や映画鑑賞などをメインで使用するなら、高い音質が期待できるステレオタイプのヘッドセットの利用が適しているでしょう。

 

また、電子機器は水や汗に弱いデメリットがあります。

ヘッドセットには、ステレオでもモノラルでも、それによる劣化を防ぐために防水や防汗機能が付いている商品もあります。

他にも音が聞き取りやすいようにノイズキャンセリングやボイスサポート機能が付いているヘッドセットも見つかります。

 

 

最もよく使うシチュエーションに合わせて商品を探すと、使いやすいヘッドセットを選べます。