USB接続とピンジャック接続のヘッドセットの違い
black usb plugs isolated on a white background

パソコンなどの端末とヘッドセットを有線で接続する方法として、ピンジャック接続とUSB接続があります。

どちらの接続方法を選ぶかの参考にするためにも、それぞれの接続方法の特徴や使用時のメリット、デメリットについて紹介していきます。

ピンジャックタイプのヘッドセットの特徴

 

ピンジャックとは多く用いられているオーディオ機器の接続端子のことです。

ピンジャックは複数の端子から構成されており、音声や映像、スピーカーなどそれぞれ独立したピンジャックとプラグを接続することでヘッドセットが使えるようになります。

ピンジャックタイプのメリットのひとつはパソコン以外のさまざまなオーディオ機器にも使用でき、利便性が高いことです。

しかしオーディオ機器に接続して音楽を聴く場合は高い音質が期待できるのに対し、パソコンとヘッドセットを接続して使用する場合は、たとえヘッドセットの性能が高くてもアナログ信号を使っているためノイズが入りやすくなってしまうのが難点です。

ノイズが入りやすいということは、パソコンを使ってWeb会議などを実施する場合相手の声が聞き取りづらくなることも考えられます。パソコンに接続するときもイヤホン、マイクと二か所の端子が必要になります。

USBタイプのヘッドセットの特徴

パソコンをプリンタなどの周辺機器と接続するときに、その接続機器ごとに違う種類の接続方法を用いるのではなく共通の接続方式を採用したのがUSB接続です。

USB接続でパソコンとヘッドセットを接続した場合は、アナログ信号を用いないためにノイズが入りにくいのがメリットです。

ただしパソコン専用の接続機器ですから、その他のオーディオ機器で使用することは難しくなります。

また、USB接続できるパソコンの周辺機器はヘッドセット以外にも非常に多くあります。

キーボードやマウス、プリンタや、最近ではUSB経由でスマートフォンやWi-Fiルーターを充電するビジネスマンもいます。

そのため、パソコンに基本的についているUSBの差し込み口ではヘッドセットまで賄えない場合も、なきにしもあらずです。

もちろん、専用機材を接続することでUSB差し込み口の拡張も可能ですが、それを購入しなければなりません。

どちらを選ぶか迷った場合は用途や価格で決めるのもアリ

ピンジャックタイプとUSBの違いについてのポイントのひとつは「ノイズ発生の可能性」となります。

価格が幾分は安価なので、個人利用の場合においてはピンジャックでもいいかもしれませんが、ビジネスに利用に関しては音質が安定したUSBの方がお勧めです。